ナビゲーションをスキップ

30歳未満健診(A1区分)

生活習慣病予防健康診断:30歳未満健診(A1区分)

標記健康診断について、下記のとおり実施いたします。
(ご案内の内容は被保険者、被扶養者共通になります。)

検査内容

検査内容 問診、身体計測、視力、血圧測定、聴力(音叉等)、尿検査、
胸部X線撮影、血液検査(生化学、血液一般)、子宮頸がん検査
  • 赤字はオプション検査
  • X線撮影の直間区分による差額は、健康保険組合で負担
自己負担金
被保険者
無料(会社負担)
被扶養者・任意継続被保険者・任意継続被扶養者
1,500円
オプション
(自己負担金)
子宮頸がん検査
無料(健保負担)

受診年齢について

原則として、受診日当日に満年齢に達している方(民法上、前日が満年齢到達日)

受診回数

当該年度(当年4月から翌年3月まで)1回

自己負担金

被保険者

受診日当日の自己負担金の精算方法については、各事業会社により異なりますので、事業会社の担当者にご確認下さい。

被扶養者・任意継続被保険者・任意継続被扶養者

受診日当日の自己負担金の精算は、窓口精算となります。

申込み方法

  1. 東振協契約施設一覧より、受診機関をお選び下さい。
  2. 医療機関で受診予約をとって下さい。(必ず、健康保険組合名を名乗って下さい。)
  3. 以下の申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、当健保組合までご提出下さい。
  4. 健保組合では、組合員資格及び健診区分資格等を確認、承認の上、当該医療機関に受診の許諾を連絡します。
  5. 当日、保険証カードの提示と自己負担金の精算を行って下さい。

再・精密検査の実施

再検査、精密検査の指示があった場合は、まだ健康診断が終了していないことと同じです。必ず、お受け下さい。費用は当該施設から指示のあった指定医療機関で受けた場合は、健保組合が全額負担いたします。

健保組合の委託契約施設以外で健康診断を受けた方

健保組合の委託契約施設以外で、やむを得ない理由により実施したとき、健診区分に応じ、健康診断で支払った実費から自己負担金(無料:会社負担)を引いた金額を健保組合で負担いたします。

「健康診断補助金申請書」、領収書(原則原本)、健診結果表(写)を健診区分別にしてご提出ください。

ただし、被扶養者・任意継続被保険者・任意継続被扶養者は、健診区分に応じた自己負担金が発生いたします。

  • 「健康保険補助金申請書」は健康保険組合にご請求ください。

個人情報について

健康保険組合は、健診結果に基づく事後指導を効果的に行うため、健診機関から全ての検査項目結果を取得することになります。健診申込書に記載のある健診受診者に係る保有した個人情報は、個人情報の保護に努め、安全に保管し、皆さまの健康維持・増進のために行う保健指導、その他アフターフォロー事業の目的以外には使用いたしません。委託医療機関で受診された検査結果は、一般社団法人東京都総合組合保健施設振興協会に業務委託し、健診データ処理、結果表作成・発送をいたします。

問い合せ先

サザビーリーグ健康保険組合 保健事業担当

〒151-8575 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-11-1

 03-5412-1827

FAX 03-6311-8879